• 姚伯渐

    現代曲・民謡・オリジナルソロ部門

    竹籁五章5:明暗
    《竹籁五章》由日本现代作曲家诸井诚,此人亦是日本电子音乐先驱。《竹籁五章》被称作尺八现代本曲,作曲家将一些古典技法融入到曲中形成一种无调性的风格,个人认为和尺八本曲味道是完全两样的,但形成了独特的听感。 第五章 明暗 最终章借用了京都明安寺之名,是汇集了前面四个乐章的所有特征,以圆舞曲风形式集大成的乐章,立意于表现一种音符上光与影,明与暗的概念。七月于敦贺作曲。

  • 姚伯渐

    アンサンブル部門

    云曦
    《云曦》是国内尺八与手碟即兴器乐组合“竹碟”的原创曲目,由手碟演奏者尹引作曲,尺八演奏者姚伯渐与尹引共同编曲。此曲有很大一部分是即兴成分,每次演奏都会不尽相同。

  • 慈庵

    本曲ソロ部門

    産安
    遠方の妻の安産を祈願を願い、毎日吹奏。 この曲を通じて妻子と心が繋がれた気持ちでした。 先日、無事に子供が生まれ、心の変化を感じながら演奏しています。

  • 清羽

    現代曲・民謡・オリジナルソロ部門

    龙文
    《龙文》是中央电视台《开心辞典》特别节目“开心学国学”的主题歌[1],由小虫、权芳作词,小虫作曲,李谷一、谭晶、小柯、小虫首唱[5],先后收录于谭晶2009年10月22日发行的专辑《为祖国祝福 长城独唱音乐会》和2013年4月19日发行的专辑《看见》中。本视频演奏内容只为中国传统文化传承,无商业用途,如有侵权,请联系删除。

  • 清庵 玄心

    本曲ソロ部門

    普化明暗尺八献奏行脚 調子(本手&大和)
     京都明暗寺に伝わる所伝曲を神仏に献奏しながら四国霊場札所や各地の神社仏閣等を行脚し始めて久しい。 今回は、梅雨明け直前の6月27日、四国霊場82番札所 根香寺を訪ねた。妻が打つ梵鐘を合図に大師堂の弘法大師像に一礼、本手調子を吹きながら、納経所前を通り石段をゆっくり昇り本堂に向かう。傍らに美しく咲く紫陽花の花々が耳を傾けて聴いてくれているよう。石段を昇り詰めて曲は大和調子となる。千体の観音様を祀る回廊に入り右に回り込み本堂へ。御本尊の千手観音菩薩に尺八を捧げ献奏を終わる。朝の静寂の中で心洗われるひと時であった。献奏者は、清庵玄心(明暗42世)。撮影は門人ジャレッド玄雲。

  • 尺八李泳

    現代曲・民謡・オリジナルソロ部門

    尺八原创曲《雪意玉龙》
    《雪意玉龙》这首作品是本人于2018年去云南玉龙雪山采风而作,曲目主要表达了作者到达雪山顶端的心情感慨,旋律起伏婉转,展示山之高、云之颠的意境美,A段采用蒙古长调音乐感觉展现山连起伏,B段主要运用藏族音乐感觉展现藏族人民的热情和作者被大自然鬼斧神工震撼到的心情。

  • 涛声依旧

    本曲ソロ部門

    虚铎
    中国古曲

  • 涛声依旧

    現代曲・民謡・オリジナルソロ部門

    清平夜月
    这首清平夜月是刘哲先生为山东省高唐县清平镇尺八故里吕才故乡而创作,作品主要描绘了清平夜晚月色

  • 月泉竹道调子

    現代曲・民謡・オリジナルソロ部門

    尺八独奏曲:竹之四季「夏」(节选)
    此曲表现炎炎夏日蝉鸣声声,貌似又休到秋天将至的晚夏氛围。后半模仿盂兰盆节时的祭典音乐,以明快丰富的节奏表现浓厚的民谣气氛,一派热闹景象。始于蝉与蟋蟀的自然气息,在人们的节庆中达到高潮,祭典结束后又归于平静,迎接下一个季节来临。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11